不要犬のシーズー

フーちゃんをお届けした帰り

いつもお世話になっているお仲間さんの所で保護しているシーズーの男の子を

迎えに行ってきました

まだ、今ほど保護できなかった状態の時に快く預かりを申し出てくれて

私が躊躇していた老犬のヨーキーまで引き取り看取ってくださった方で

いつか・・協力出来たら・・と思っていました



こちら新入りのシーズーの男の子


DSC_0997.jpg

おとしゃん・・チッコしたシーツ交換してからお写真撮ってくれればいいのに




こちら・・

先月、Nさんと引き取りに行った時の写真です




汚い犬舎の奥でピクリとも動かず・・・

酷さにも驚いたけど

この子はもうすぐ死んでしまうんじゃないかと感じるくらい

生きることを諦めているようでした

何処が顔でどうなっているのかわからないほど


DSC_0300.jpg


Nさんは迷わず「このシーズーを連れて帰る」と言って、最期くらい暖かい所で過ごさせてあげたいからって。

私だったら躊躇してしまうような子をいつもいつも助けてくれるNさん。

いつもありがとうございます



201402.jpg

この酷いヨロイを取るのにかなりの時間を費やし

一番苦戦したのはここ

四肢は厚さ5cm以上のカチカチのかたまりで覆われていて

ハサミでもバリカンでも難しく、ペンチで切らなきゃダメなくらいでした



201403.jpg

頑張り屋のシーズーくん

動かないのではなくて

ただ動けなかっただけで

ヨロイが取れたら身体じゅうを舐めたりかいたり大騒ぎ

落ち着いたら皮膚のケア始めようね


この子以外にも同じような子がたくさんいる現場・・・

私には全部助けることはできないけど

少しずつでも助けられたら・・と思っています。

あの劣悪な環境の下で命を落とす子がいなくなるように・・・

あの悲鳴に近い鳴き声が聞こえなくなるように・・









関連記事

テーマ : 保護活動
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りくママ

Author:りくママ

フリーエリア
いつでも里親募集中 ペットのおうち
りくママ家の子供たち
リンク
月別アーカイブ
最新記事
* ランキング *
ポチッと応援お願いします
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる