生死を分けたもの

先日、近所に住む知人から黒柴を飼っている人を知らないかと電話があった。

どうやら近所の人が黒柴を保護したらしく、知人が連絡してきたのだった。

以前、轢かれそうになっていた黒柴を保護したことはあったけど

鑑札付いてたから警察に届けて調べてもらってたらすぐにお迎えに来たし

お散歩でもあまり見ないし、

しばらく目立つ通りに面した所の家へ繫ぎ様子をみるというので一安心

警察→動愛センター→4日後殺処分だから

飼い主が探している間に殺されていることがあるから

保護してくれる人がいてよかったと思っていた。


今日、黒柴は飼い主が迎えに来たのか聞くと

保護していた近所の人が遠吠えがすごいので逃がしてしまったようだと・・

不安で仕方がなくて遠吠えしていたのだろう・・

すぐそばに通りの激しい国道

トラックがひっきりなしに通る道がある

その大きな道路に原型を留めない・・猫より大きな死骸があったと・・・

あまりに状態がひどく

その子が黒柴だったのか・・確かではないみたいだけど


考えさせられる出来事

迷子にさせないのが大前提なんだけど

もしもの時のために

・マイクロチップを入れる

・首輪は特徴のあるものを選ぶ

・首輪に連絡先を書く(見えなくなったら交換)

・鑑札を付ける


いなくなってしまったら

・栃木動物愛護指導センターに連絡

・最寄りの警察に届ける

・市役所にも届ける

・動物病院、ホームセンター、トリミングサロン、スーパー等に張り紙


保護したら

・栃木動物愛護指導センターに連絡

・最寄りの警察に届ける



首輪に鑑札や連絡先を書いておくだけで飼い主の元に帰れる確率が上がります。

もし、黒柴ちゃんに鑑札が付いていたら・・

連絡先がはっきりと書かれていたら 今頃お家に帰れているだろう


生死の分かれ目


どうか・・もう1度考えてほしい


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

迷子になった時の事を考えて
できる事はしなければいけないですね。

すごく簡単な事なのに
していない飼い主さんは多いですね。


首輪してても
連絡先がない子多すぎます。

首輪って
係留のためにあるんじゃないのになぁ。

うめめさん

本当にそうですね。今回、痛感しました。黒柴ちゃんを預かってあげられなかったことが悔やまれます。
保護していてくれる人がいるという言葉に安心していました。
こんな事になるなら警察→動愛センターの方が助けてあげられたかもしれません。
うめめさんのように首輪に連絡先を縫い付けるくらい慎重にしないとダメですね。

プロフィール

りくママ

Author:りくママ

フリーエリア
いつでも里親募集中 ペットのおうち
りくママ家の子供たち
リンク
月別アーカイブ
最新記事
* ランキング *
ポチッと応援お願いします
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる