まなちゃん手術の日


今日は まなちゃんの手術の日です

まず、卵巣と子宮が悪いようなので避妊手術を優先し、

問題がなければたくさんある乳腺腫瘍を取る予定です。


保護してから心臓のお薬を飲ませ状態を整えていましたが

心臓の悪い子だけに油断は禁物ですね




麻酔を打つ身体の負担を考えて 歯石除去、抜歯まで済ませてしまいたい

先生も同じ考えで

まなちゃんの状態を見ながら手術をしていただくことになりました

もしかしたら避妊手術だけになるかもしれない

運が良ければ乳腺腫瘍までできるかもしれない

歯石除去と抜歯はできなくても

とにかくまなちゃんの身体が一番大切だから・・・

mana0219 (2)



かかりつけの獣医さんは

心臓が悪い子だからと手術が全くできない訳じゃないと言ってくださり

慎重に注意しながら手術をしてくださっています。

センターから引き取る子は心臓に疾患がある子が多いので

いろいろと相談にのってくれて

手術をしてくださる病院がありとても心強いです



心臓が悪いからと避妊、去勢手術をしないで譲渡する所もあるようですが

できるならワンコの身体の負担と

里親になってくださる方の負担を減らしてあげたい

そう思っています。

心臓の悪い子が避妊、去勢手術をせず、シニアになったら

まなちゃんのように乳腺腫瘍や卵巣嚢腫、子宮内膜症などを

発症するかもしれません。

心臓の悪い子が老犬になって発症したら手術はもうできません

手遅れになるのです。

乳腺腫瘍の手術代も高額になります

もし、病気になってしまったら

避妊しておけばよかったと後悔する日が必ずきます。


そうならない為にも避妊、去勢手術の必要性をもっと

伝えていかなければいけないと思っています。



mana0219.jpg



まなちゃんは奇跡の子だから大丈夫

おかしゃんは信じてるもん



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りくママ

Author:りくママ

フリーエリア
いつでも里親募集中 ペットのおうち
りくママ家の子供たち
リンク
月別アーカイブ
最新記事
* ランキング *
ポチッと応援お願いします
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる